箱庭ゾーイトロープ

WOLF RPGエディター製フリーゲーム

ジャンル:ステルス要素のある和風アドベンチャー
プレイ時間:約2~3時間
エンド数
:5

人と鬼が対立する世界の物語。
ある日、少年は鬼によって身体が縮んでしまったお姫様と出会う。
ひょんなことから一緒に行動することになった少年と少女。
はたして元の姿に戻ることはできるのか――。

登場人物


いつき

呉服屋で働く少年。



カムラの国のお姫様。


プレイ画面



DL
ふりーむ! 夢現

▼攻略ヒント▼(クリックで開く)

ぱぱっと知りたい人はこちらへ

桃之間へ入る方法

・炊事場にて鈴が『桃之間は二階の二間続きの部屋』と発言していた
・書き置きには、『桃之間の壁に穴を開けた』こと、
『階段に近かったせいか一階の人には物音が聞こえていた』ことが記されていた

以上から桃之間は二階の広間であること、穴は下り階段近くにあることがわかります。調べてみましょう。見張りに見つからないように注意。


鍵番号

間違えると、鈴からヒントをもらえます。
もっとヒント
はおじぎして』『はちにフタをのせる』『はねかせて』『のしたをとる』はそれぞれ一個の漢数字を表しています。
実際にかいてみるとわかりやすいかもしれません。



地下牢の鍵

やけに散らかっていた部屋の中をくまなく調べてみてください。

檻の鍵

植物園で見張りの話を聞いたあとに、園内を調べてみてください。

EDリスト

[末ノ二]
・地下牢の少女に会わずにつづらを開ける

[末ノ三]
・宝物庫のつづらの場面で「かける」を選択

[末ノ四]
・宝物庫のつづらの場面で「かけない」を選択
・植物園で「鬼になりたい」を選択


[末ノ五]
・宝物庫のつづらの場面で「かけない」を選択
・植物園で「人間になりたい」を選択


[末ノ一]
・宝物庫のつづらの場面で「かけない」を選択
・植物園で「関係ない」を選択



おつかい
おつかいは現在全部で7つです。
つまりそうなものだけヒントを書いていきます。

・なぞかけの三問目
”おさまの下でまれたもの”を漢字に表してみるとわかりやすいと思います。

・櫛はどこに
犬の背中には葉っぱがついています。また、どこかで犬を見たという人がいます。その人物の付近の植物を調べてみましょう。
近くにあるとは限りません。






ぱぱっと知りたい人へ


グッドエンドまでの簡潔な道筋を書いています。以下反転してお読みください。

スタート~城内まで
・自室に戻る
・飯屋で酒を飲んでいる客の話を聞く
・北通りの薬屋の店に入り話しかける
・南通りの畑近くにいる男性から「特製人参」をもらう
・薬屋に「特製人参」を渡す
・貸本屋のおかみに話しかける
・北通りにいる瓦版の男性に話しかける
・南通りの中央の家に入り、左端の本棚を調べる
・自分の部屋に戻り布団を調べて寝る
・墓場を道なりに進んでいき、奥の石像を調べる

城一階~宝物庫まで
・破片に気をつけつつ、左下の部屋のタンスから「炊事場の鍵」を入手する
・左上の部屋に入り、戸棚(左上端)から「皿の破片」を入手する
・通路の右下で「皿の破片」を投げる
・二階へ行く
・階段近くの部屋に入る
・破片と木の板に気を付けつつ、左の部屋に向かう
・本棚(中央下)を調べて桃之間の壁に関する話をする
・通路に戻り、下の見張りがぎりぎり見えない位置の左側の壁を調べる
・桃之間に入り、左下の障子の左側から通路に出る
・三階へ向かう
・鈴を操作し、右上の部屋の障子を破く
・人形を調べて「小さな紙」を入手する
・いつきに話しかける
・いつきを操作し、左下の部屋の鍵に「四六三一」と入力する
・広間の右上の障子から出て四階に上がる
・左の女中の部屋のタンスから「鈴蘭之間の鍵」を、壺から「地下牢の鍵」を入手する
・見張りに気をつけつつ地下まで戻り(来た道筋を逆戻りしていく)、地下牢の鍵を開ける
・少女と話をする
・四階に戻り、左下の鈴蘭之間に入る
・タンスから「鈴の着物」と「宝物庫の鍵」を入手する
・左の宝物庫に入る
・タンスから「つづらの鍵」を入手
・つづらを開け、「かけない」を選択


中庭~最後
・見張りに見つからないようにして建物に入り、「解熱剤」(机付近の袋)を手に入れる
・戻っていつきに「解熱剤」を渡す
・左の方へ向かい植物園に入る
・「関係ない」を選択
・道なりに進む
・見張りに見つからないように進み、鍵に関する会話を聞く
・一旦来た道を戻り、右上の方にある光っているアイテムを調べ「檻の鍵」を入手する
・再び道なりに進み、城の中へ入る
・地下牢に向かい檻の鍵を開ける
・街に戻ったあと、祭りの会場(呉服屋左)へ向かう
・左下に座っている男性に話しかけてイベントを起こす
・入口付近にいる侍に話しかける



inserted by FC2 system